パンダバスが変身

東京新聞で「浅草循環23万キロ 廃車の危機越え パンダバス、カフェ変身」という記事を発見。

東京・浅草の循環バス「パンダバス」の1号車が、廃車の危機から一転“キッチンカー”として再スタートしたそうです。

販売するのはコーヒーやジュース、ビール、オリジナルカクテルなど。十三日に営業を始めると、「あ、パンダバスだ」と目を留める人や、早速お酒を買ってくつろぐ外国人観光客らでにぎわった。営業は午前十一時からで、金、土曜日は午後九時まで、日曜日は午後六時まで。

あ、お酒も売ってるんですね…この車体から購入するのってちょっと楽しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です