観光PR

山陽新聞デジタルで「赤ちゃんパンダと松葉ガニが歓迎 和歌山と鳥取・岩美町が観光PR」という記事を発見。

和歌山県の観光PRキャラクター・わかぱんが山陽新聞の編集部を訪れ、和歌山の旬の魅力をPRしたんだそうです。

和歌山県からは、観光キャラクター「わかぱん」、きのくにフレンズの滝谷妃史(ひふみ)さんらが訪れた。国内最多のパンダを飼育する「アドベンチャーワールド」(同県白浜町)に9月、雌のパンダが誕生し、愛らしい姿が人気を集めているという。

和歌山に観光に行くなら、やはりアドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダさんはハズせないですよね!

研究材料

レコードチャイナで「ギネス認定の世界最高齢パンダ、遺体の一部を研究材料に」という記事を発見。

先月のエントリで訃報をお伝えした世界最高齢のパンダさん、遺体の一部を研究材料として保存することが決定したんだそうです。

「佳佳」の死後、香港特区政府、海洋公園、臥竜中国パンダ保護研究センターは、「佳佳」の生体サンプルを組織病理学の研究に、頭蓋骨と歯を獣医学教育・研究に、毛皮は新生児パンダ飼育の際に、それぞれ役立てることで意見が一致した。

長生きの原因が判明すれば、これからのパンダさんへの医療にも活かされるんでしょうか。

名前決定@ウィーン

ロイターで「ウィーンで誕生の双子パンダ、23日に正式命名へ」という記事を発見。

先日のエントリで「名前を募集している」とお伝えしたオーストリア・ウィーンのシェーンブルン動物園で今年産まれた双子パンダさん、名前が決定したそうです。

雄の赤ちゃんの名前には1万2000人が投票し、約半数が「Fu Ban(福伴)」を選んだという。また3日の発表では、雌の名前が「Fu Feng(福鳳)」になったことも明らかにされた。

をを、双子ちゃん両方の名前が決定したんですね!すくすく大きく育ちますように。

無事救出

NHK NEWS WEBで「川で溺れかけた野生のパンダ救出 中国 四川省」という記事を発見。

中国・四川省で、水力発電所のダムに落ちて溺れかけていた野生のパンダさんが、人々の手によって無事救出されたそうです。

およそ3時間の救出劇で助けられたのは、人間の大人に当たる4歳前後のメスのパンダで、大きなけがなどはなく、その日の夜のうちに山に戻されたということです。

いやいや、よかったですねえ。パンダさんもこんなところに落ちたらさぞびっくりしたでしょう。

体重測定・続報

朝日新聞デジタルで「赤ちゃんパンダ、かわいすぎる体重測定 しぐさも段々…」という記事を発見。

先日のエントリで紹介した和歌山・アドベンチャーワールドでのパンダさんの体重測定、昨日11/1より実施されているようです。

生まれたばかりのパンダは体重197グラム、全長24センチ。母親の良浜(ラウヒン、16歳)が乳をあげて大切に育て、この日の結果は体重2080グラム、全長46センチだった。

順調にすくすく育っているんですね…このまま順調に大きくなって欲しいものです。

パンダさん型カート

ネタとぴで「まるで遊園地! 特注160cmのパンダカート風イスがチュッパチャプスで当たるキャンペーン」という記事を発見。

誰もが知ってる棒付きキャンディ・チュッパチャプスが「カラフルプレゼントがその場で当たる!」なるキャンペーンを展開しているそうです。抽選で当たる賞品はなんと!パンダさんグッズですよ!

「チュッパンダカート」は、約幅85×奥行160×高さ106cm、重量32kgと、置き場にすら困るレベルで、遊園地のパンダを彷彿させ、誰もが乗ってみたくなる大きさとデザインとなっていますが、実際には動かないとのことです。

えええええ!デカい!当たっても邪魔になっちゃう!なんでこんな賞品を思いついたんでしょう…

スペイン起源説

産経ニュースで「【万象】生きた化石…パンダの故郷はスペイン?」という記事を発見。

現在は中国にしか生息していないパンダさん、実は起源とされる生物の化石がスペインで発見されたんだそうです。

ただ、近年はスペインの1200万年前の地層から化石が出土。欧州起源説も浮上してきた。

ん?なんかこの話、聞いたコトあるよーな気が…と思って自サイトを調べてみると、似たよーな記事を4年前のエントリで取り上げてますね。あまり研究に進展がないんですかねえ?

体重測定

オーヴォで「ジャイアントパンダとレッサーパンダ 両方の赤ちゃんを公開体重測定」という記事を発見。

和歌山・白浜のアドベンチャーワールドでは、11/1の計量記念日にちなんでパンダさん&レッサーパンダさんの“公開体重測定”が行われるんだそうです。

ジャイアントパンダの赤ちゃん(9月18日生まれ・メス)は、現在お母さんパンダ「良浜(らうひん)」のもとすくすく成長! 誕生時197gだった体重は、生後1か月を迎えた10月18日には1,265gにまで大きくなった。計量記念日に合わせて、ジャイアントパンダの赤ちゃんの体重測定を初公開する。

うわぁ、イイなあ、見に行きたいなあ!

トートバッグ

ORICON STYLEで「まるでぬいぐるみ!三毛猫・柴犬・パンダ、とぼけた表情が魅力のアニマルトートが新登場」という記事を発見。

トートバッグの専門ブランド・ROOTOTEから、パンダさんモチーフのアニマルトートが発売されたそうです。

かわいい動物たちとのお出かけが楽しめる、ぬいぐるみのようなトートバッグがお目見え。三毛猫と、その仲間の柴犬・パンダの3匹が登場いたします。

モコモコとした素材で非常にカワイらしいですなあ。オッサンの私はコレ持って歩く勇気はちょっとないですけど。

フィギュア

ニフティニュースで「フィギュアで再現「子パンダ幼稚園」リアルさと小ささと愛くるしさと」という記事を発見。

フィギュアメーカー・海洋堂が発売しているカプセルトイ“カプセルQミュージアム 子パンダ日和”が紹介されています。

生物フィギュア造形の第一人者、松村しのぶ氏が原型を手掛け、座る、歩く、眠る、転がる子パンダを再現。愛くるしい姿だけでなく、白い毛並みは真っ白ではなく、ちょっと茶色がかった色で土の汚れを表現するなど細部にわたってリアルさを追求している。

をを、あの少し汚れた感じまで再現されているとは!